efoを導入するには

efo
画像引用 ≪EFO(入力フォーム最適化)のエフトラEFO【平均22%成績アップ】

実際に自社のサイトでefoを実施するためにはいろいろな方法があります。たとえば自分達で考えながら入力フォームの最適化をしていく方法です。しかし、これはノウハウがなければできません。そもそも、そのようなノウハウがあるならば、efoをしなくても初めから最適化された入力フォームを用意しているでしょう。自分達でefoができないならば、そのためのサービスを利用したり、ツールを使いましょう。

たとえばASP型のefoサービスが存在しています。これは単にサイトに貼り付けるだけで利用できるためとても便利です。作りなおす必要はなく、必要な機能はすべて整っているのです。ログ集計をすることも可能です。単に入力フォームを設置するだけではなくて、データ解析までできるようなシステムが用意されています。

サービスごとに用意されている機能は異なっています。それぞれのサービスをきちんと比較しましょう。実際に導入した実績が高いフォームを利用すると良いでしょう。高い評価を得ていて、安心して導入できるようなefoサービスを選びましょう。どんどん最新の機能が追加されているサービスがあります。ぜひとも自社のサイトにefoを導入して大きな効果を得ましょう。コンバージョンを改善できます。